〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 小林 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
小林の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
小林の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
滝垢離
瀧を祓い清め、湯立てに用いる神聖な「お瀧の水」を迎えます。(禊の意味をもちます)
勧請
神部屋にて、花太夫と宮人によって行われます。
祝詞を上げ、太鼓に合わせて鈴を鳴らします。
神寄せ
神々を請じ入れる儀式。幣束や祭道具の一切を「天」へ祀り込みます。
天の祭
舞庭に隣接する神社の「天」へ神を勧請する儀式。
辻固め
花宿の庭に弊を立て、祭場を区画し、地上の諸霊を祀り悪霊の侵入を防ぐ儀式。
〆下し
本来は注蓮を張り渡す儀式と考えられます。
四天行い
太夫が釜の前で護身法を行い、刀を用いて舞庭の五方を清めます。
釜祓い
釜を祓う儀式で、この時初めて竈に火が入れられる。
舞 ページTOP
9:00頃
楽の舞
三拍子の笛に合わせて太夫が太鼓の撥を手に舞います。
楽の舞
式さんぐう
花太夫と宮人が釜に向かって神座に座り、太鼓の膜と縁を交互に打ち唄います。
式さんぐう
順の舞
宮人が白衣を着て鈴と扇子を持ち、1人から4人まで順次舞を行います。
順の舞
地固めの舞 扇の手
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞 扇の手
地固めの舞 ヤチの手
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞 ヤチの手
地固めの舞 剣の手
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞 剣の手
山鬼
最初に登場する鬼で、山を割り、生命の再生を図り、生まれ清まりの重要な役割を担う鬼です。
舞庭中央に据えられた竈に鉞を振り、山を割る所作をします。
山鬼
花の舞 扇の手
3〜4歳位から参加します。
手に花笠を持って舞うことから花笠の舞ともいいます。
花の舞は、扇・盆と年々成長とともに持ち物を変え舞うことになります。
花の舞 扇の手
榊鬼
最も重要視されている鬼で、地区の人達は「榊様」と呼んでいます。
反閇を踏み、大地に新しい生命力や活力を吹き込む鬼です。
又、問答も榊鬼の特徴です。
榊鬼
花の舞 ちやつの手
3〜4歳位から参加します。
盆と鈴を持ち、扇の手よりも速い拍子で舞います。
花の舞は、扇・盆と年々成長とともに持ち物を変え舞うことになります。
ちゃつの舞
中下り鬼
山鬼と同じ舞式で舞います。
中下家で寄進したとも言い伝えがあります。
中下り鬼
三ツ舞 扇の手
少年3人の舞。
扇・ヤチ・剣の採り物で、花の舞を舞い上げた子供たちが次々に取り組む舞で、内容も高度なものとなります。
三ツ舞 扇の手
中王鬼
採り物・舞式全て山鬼と同じです。
中屋家で寄進したとも言い伝えがあります。
中王鬼
三ツ舞 ヤチの手
少年3人の舞。
扇・ヤチ・剣の採り物で、花の舞を舞い上げた子供たちが次々に取り組む舞で、内容も高度なものとなります。
三ツ舞 ヤチの手
三ツ舞 剣の手
少年3人の舞。
扇・ヤチ・剣の採り物で、花の舞を舞い上げた子供たちが次々に取り組む舞で、内容も高度なものとなります。
三ツ舞 剣の手
鳳来寺鬼
衣装・採り物・舞式すべて「中下り鬼」と同じです。
鳳来寺鬼の面をつけて舞います。
鳳来寺鬼
村栗竜王鬼
採り物・舞式全て中下り鬼と同じです。
村栗龍王の面をつけて舞います。
村栗家で寄進したとも言い伝えがあります。
村栗竜王鬼
火の禰宜
祢宣の面をかぶり、ひの祢宣幣と鈴を持ち舞います。
改め役の祢宣との問答があり、身そぎの祓などが含まれています。
火の禰宜
巫女の舞
神子・おかめ・ひょっとこなどによる仮面の舞で、五幣餅や、すりこぎ・しゃもじを手に、村人たちを祝福するために舞庭に現れます。
ご飯や味噌の塗られるとその年は縁起がよいと言われてます。
巫女の舞
女郎囃子
神子迎えとして、五平餅や味噌の付いた摺子木を持つ「しおふき」「ひょっとこ」、飯粒の付いた杓子を持つ「おかめ」が出て舞います。
女郎囃子
太郎坊鬼
衣装・採り物・舞式すべて「中下り鬼」と同じです。太郎坊鬼の面をつけて舞います。
太郎坊鬼
翁の舞
翁面をかぶり、翁幣と鈴を持ち舞います。
改め役の祢宣との問答があります。
生まれ在所、生い立ち、婿入りなど滑稽なやりとりは、観衆が合いの手を入れながらからかい、賑わいます。
翁の舞
四ツ舞 扇の手
青年4人で舞い、時間も長く複雑な所作が含まれ、体力と洗練された技術が必要とされます。
採り物は、扇・ヤチ・剣であるが、扇の舞は最初に上着を採りものとします。
四ツ舞 扇の手
次郎坊鬼
衣装・採り物・舞式すべて「中下り鬼」と同じです。
次郎坊鬼の面をつけて舞います。
次郎坊鬼
四ツ舞 剣の手
青年4人で舞い、時間も長く複雑な所作が含まれ、体力と洗練された技術が必要とされます。
採り物は、扇・ヤチ・剣であるが、扇の舞は最初に上着を採りものとします。
四ツ舞 剣の手
茂吉鬼
最後の鬼で、湯蓋につるされた蜂の巣(お宝)を槌で払い落とす所作がありますが、縁起物として観衆はこれを奪い合います。
蜂の巣の中身は、祓い銭と五色紙の細片です。
茂吉鬼
22:00頃
湯ばやし
最も軽快なテンポの舞で、少年4人が湯たぶさ(藁を束ねて作ったタワシ)を持ち、舞の終わり頃、舞庭を清めるように、竈の湯をところ構わず振りかけます。
この湯を浴びると病にかからないと歓迎されています。
湯ばやし
獅子
竈祓いの獅子、清めの獅子とも言われ、花祭の最後の舞です。
舞庭を這うように舞い清めます。
獅子
神事 ページTOP
湯立て
竈祓いをした後、お瀧の水を入れて湯を沸かし湯祓いをし、勧請した諸神に献じ祈祷する儀式。
花そだて
花太夫、宮人が神座にて囲炉裏を囲んで座り、一本箸で粥を食します。
宮渡り
氏神を元の宮へ返す儀式。
神返し
勧請した神仏を返す儀式。
外道狩り
花太夫と宮人3人が「山の神祭文」を唱え、神返し供え物膳と半紙を引き裂いて撒き散らし、二拍手をして終わります。
鎮め
花太夫が榊鬼の面を用いて数々の作法により荒らぶる神々を鎮める儀式