〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 月 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
月の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
月の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
うちきよめ
花太夫が祭りの始まる前に花宿の内外を清めて回る儀式。
「七瀧や八瀧の水を汲み上げて 汲み上げて 日頃の不浄を今ぞ清める きよむとて
ようだの塩で ななた清める」と祓いの祭文を唱えます。
14:00頃
滝祓い
瀧を祓い清め、湯立てに用いる神聖な「お瀧の水」を迎えます。
(禊の意味をもちます)
高嶺祭り
小高い場所を祭場として区画し、上空から来る諸霊を祀る儀式。
「天狗祭り」ともいいます。
辻固め
花宿近くの平地に弊を立て、祭場を区画し、地上の諸霊を祀り悪霊の侵入を防ぐ儀式。
16:00頃
神入れ
神々を請じ入れる儀式。幣束や祭道具の一切を「天」へ祀り込みます。
棚飾り
うち清めが終わると、花宿の神棚に奉られていた供物等を祭場の神座の神棚へ花太夫、宮人で奉ります。(切り餅、柿、がや、栗、そば、トコロ など)
天の祭
舞庭の2階の「天」へ神を勧請する儀式。七十五膳の供物を供えます。
切目の王子
太夫が太鼓の前に座り、塩で清め、印を結び、九字を切り、祓いの祭文を唱えます。
宮人が切草を持って御神酒あげの盃をします。
続いて神拾いを行います。
釜祓い
釜を祓う儀式で、この時初めて竈に火が入れられます。
〆下し
本来は注蓮を張り渡す儀式と考えられます。
竈祓いと同時進行で行われるところもあります。
湯立て
竈祓いをした後、お瀧の水を入れて湯を沸かし湯祓いをし、勧請した諸神に献じ祈祷する儀式。
総神迎え
花太夫が太鼓をたたきながら八百万の神を迎える儀式。
宮人は合いの手を唱えながら御神酒上げをします。
ばちの舞
全ての舞のはじめに行われ、釜の前に菰を敷き、太鼓のばちを持った舞手が一人で舞います。
猿子囃子
東吾囃子
式囃子
花太夫の太鼓の拍子に合わせてうたぐらを唱和します。
各々節まわしが異なり、しきばやしは花太夫のみがうたいます。
花太夫がはじめ、太鼓のふちをカチカチと叩いて上の句を出すと、宮人全員が下の句を続けます。途中から笛も加わります。
(儀式、次第には「さるごばやし、とうごばやし、しきばやし」とありますが、実際は各々の区切れはなく、二拍子・三拍子・二拍子と調子をかえて続けて歌われます。いずれが「さるご」でいずれが「とうご」なのか不明であるそうです。)
御神楽
老宮人一名づつによる一人舞、三折。若宮人二名による二人舞、一折。
若宮人四名による四人舞、一折。 以上の舞からなります。
舞 ページTOP
一の舞
青年が扇と鈴を持ち舞います。
大入系は笹を持ちます。
一の舞
地固めの舞
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞
花の舞の扇の手が終わりしだい 01:00頃
榊鬼庭入り
出花とも言い、願をかけた家敷をおとずれ反閇を踏んで回ったのち、花宿に帰りを報告する舞。
現在では花の舞の扇の手が終わってから庭入りとなります。
榊鬼庭入り
神事
中申し
花の舞を中心に行われる神降しと願帳を読み上げ立願する神事。
中申し
舞 ページTOP
花の舞
3〜4歳位から参加します。
手に花笠を持って舞うことから花笠の舞ともいいます。
花の舞は、扇・盆・湯桶と年々成長とともに持ち物を変え舞うことになります。
花の舞
山見鬼
最初に登場する鬼で、山を割り、生命の再生を図り、生まれ清まりの重要な役割を担う鬼です。
舞庭中央に据えられた竈に足を掛け、山を割る所作をします。
山見鬼
三ツ舞
少年3人の舞。
扇・ヤチ・剣の採り物で、花の舞を舞い上げた子供たちが次に取り組む舞で、内容も高度なものとなります。
三ツ舞
榊鬼
最も重要視されている鬼で、地区の人達は「榊様」と呼んでいます。
反閇を踏み、大地に新しい生命力や活力を吹き込む鬼です。
又、問答も榊鬼の特徴です。
榊鬼
火の禰宜
祢宣の面をかぶり、ひの祢宣幣と鈴を持ち舞います。
改め役の祢宣との問答があり、身そぎの祓などが含まれています。
火の禰宜
おつるひゃる
神子・おかめ・ひょっとこなどによる仮面の舞で、五幣餅や、すりこぎ・しゃもじを手に、村人たちを祝福するために舞庭に現れます。
ご飯や味噌を塗られるとその年は縁起がよいと言われています。
おつるひゃる
巫女
神子・おかめ・ひょっとこなどによる仮面の舞で、五幣餅や、すりこぎ・しゃもじを手に、村人たちを祝福するために舞庭に現れます。
ご飯や味噌を塗られるとその年は縁起がよいと言われています。
巫女
四ツ舞
青年4人で舞い、時間も長く複雑な所作が含まれ、体力と洗練された技術が必要とされます。
採り物は、扇・ヤチ・剣であるが、扇の舞は上着を採りものとする場面もあります。
四ツ舞
翌 12:00頃
願主の舞
願をかけた人が奉納するために舞います。
舞は四ツ舞が主で省略して行う事が多いです。
願主の舞
翁
翁の面をかぶり、翁幣と鈴を持ち舞います。
改め役の祢宣との問答があり、身そぎの祓などが含まれています。
翁
茂吉鬼
最後の鬼で、湯蓋につるされた蜂の巣(お宝)を槌で払い落とす所作がありますが、縁起物として観衆はこれを奪い合います。
蜂の巣の中身は、祓い銭と五色紙の細片です。
茂吉鬼
翌 16:00頃
湯ばやし
最も軽快なテンポの舞で、少年4人が湯たぶさ(藁を束ねて作ったタワシ)を持ち、舞の終わり頃、舞庭を清めるように、竈の湯をところ構わず振りかけます。
この湯を浴びると病にかからないと歓迎されています。
湯ばやし
獅子
竈祓いの獅子、清めの獅子とも言われ、花祭の最後の舞です。
舞庭を這うように舞い清めます。
獅子
神事 ページTOP
ひいな下し
舞が済んだ後、「びゃっけ」を降ろす儀式。
舞が終わった後、祭場を閉じ勘請した神々を返す儀式がここから始まります。
花そだて
立願者に、奉納のびゃっけ・添花弊・氏神弊を渡し竈をめぐります。
宮渡り
氏神を元の宮へ返す儀式。
五穀祭
太夫が清めの祓い、印を結んで大祓を奏上します。
神返しを唱え、餅を投げる所作を五方に行います。
荒神休め
太夫と宮人が荒神心幣以外の幣を紙に包んで麻で巻き、これに心幣を合わせます。
竜神
神事を行い印を結び、笛・太鼓の拍子で式に入ります。
逆足を五印に踏み、印を解き、礼拝を行います。
体備えを改め印を結んだ後、五方で反閇を踏みます。
外道狩り
祭場の注連縄を切る儀式。