〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 月 > 花祭の特徴
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
月の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催期間と詳細マップ
花祭の特徴
 月花祭の特色は、まず舞庭が広いことです。湯蓋の数が多い神座飾り付けが立派など、実に大好評です。
 伝統を崩さず、古式を尊ぶ特に神事の厳格さには定評があります。鬼が焚火の山を「まさかり」ではねる、夜空を焦がす勇壮な光影は、月の花祭でしか見られません。

 おいしいものに「花祭のみそ汁」の代名詞があります。大釜で長い時間焚き込んだみそ汁の味は天下一品、舌鼓を打つこと請け合いです。

 自慢の舞はやっぱり『花の舞』・『鬼の舞』と『湯ばやし』。一度見たらやみつき。「百聞一見に如かず」です。
知っておきたい豆知識
舞庭(まいど)
舞庭(まいど)
 花祭は舞庭と呼ばれる、四隅に柱が立てられた3m四方の土間で行われ、中央に大きな釜を据えて湯をわかし、天井には湯蓋、四方に「ざぜち」と呼ばれる切り紙の飾りをつるします。
 この舞庭で、祓い清めの儀式から、地固めの舞、一の舞、三ツ舞、四ツ舞、湯ばやしなどの激しい舞が夜を徹して行われます。
湯蓋(ゆぶた)
湯蓋(ゆぶた)
 舞庭の中央釜の真上に飾られる方形の天蓋状のもので、白紙又は五色の紙が使われ、神々の宿る所とされ、所により違いがあります。
 色々な祭具の組み合わせにより構成され、びゃっけと神道又は千道で結ばれます。
ざぜち
ざぜち
 白紙に絵型、字型を切り抜いたもので、神部屋、神座、舞庭の四方につるします。
 7、8種類のものがあるがその型は一様ではなくつるす順序も決まっていません 。