〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 足込 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
足込の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
足込の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
瀧祭
瀧を祓い清め、湯立てに用いる神聖な「お瀧の水」を迎えます。(禊の意味をもちます)
辻固め
花宿近くの平地に幣を立て、祭場を区画し、地上の諸霊を祀り悪霊の侵入を防ぐ儀式。
高根祭
小高い場所を祭場として区画し、上空から来る諸霊を祀る儀式。
「天狗祭り」ともいいます。
神入り
八百萬の神々を請じ入れる儀式。
ご幣や祭道具の一切を「神座(面座)」へ祀り込みます。
天の祭
舞庭の2階の「天」へ神を勧請する儀式。七十五膳の供物を供えます。
神迎え
花太夫・禰宜が神々を「天(あま)」へ案内する儀式。
切目の王子
東吾囃子
東・西・南・北・中央の御神、八百萬の神々を勧請します。
竈祓い
竈を祓う儀式で、この時初めて竈にお瀧の清水を入れ火が入れられます。
湯立て
竈祓いをした後、湯を沸かし湯祓いをし、初湯を勧請した神々に献じ祈祷する儀式。
楽の舞
当日の楽、すなわち拍子を象徴する舞。太鼓を打つバチを持って舞います。
順の舞
花禰宣による舞。
舞 ページTOP
18:00
市の舞
青年が1人で扇と鈴を手に舞うものです。
振草系では両手をひろげ大きく体をひねる所作が特徴で、大入系では笹を持ち、舞の後半ではセイト衆をはたいて(清めて)回ります。
市の舞
地固めの舞
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞
花の舞 (扇・湯桶・盆)
稚児、児童4人による扇の舞・湯桶の舞・盆の舞
花の舞(扇・湯桶・盆)
翌 00:00
山見鬼
伴鬼を従え式舞をし、山割りの儀式を行ないます。
三ツ舞扇の舞手が松明にて明り取り先導します。
山見鬼
三ツ舞 (扇・八刀・剣)
児童、生徒3人による扇の舞・ヤチの舞・剣の舞。
三ツ舞(扇・八刀・剣)
翌 5:00
榊鬼
伴鬼を従え式舞、問答をします。
三ツ舞剣の舞手が松明にて明り取り先導します。
問答があり、ヘンベイを踏む儀式をします。
舞い上げの時には「せいと場」の火を跳ねます。
榊鬼
岩戸開き
みそぬり・めしぬりの先導で「ひの禰宣」が竈の前にて式舞をします。
おかめの先導で「巫女」が竈の前にて式舞をします。
岩戸開き
四ツ舞 (扇・八刀・剣)
青、中、壮年4人が扇の舞・ヤチの舞・剣の舞。
四ツ舞(扇・八刀・剣)
翁の舞
氏子が提灯により先導します。
問答を行い竈の前にて式舞をします。
翁の舞
翌 10:00
湯ばやし
青年4人が新稲藁で作った「湯たぶさ」で式舞をし五穀豊穣、病気平癒を祈願して湯だてた湯を所かまわず湯かけをします。
湯ばやし
茂吉鬼
伴鬼を従え式舞をし「ビャッヶ」「湯蓋」の芯にある蜂の巣(福袋)を払い落とします。
茂吉鬼
翌 11:30
獅子退治の舞
竈祓いの獅子、清めの獅子とも言われ、花祭の最後の舞です。
舞庭を這うように舞い清めます。
獅子退治の舞
神事 ページTOP
ひいな下し
舞が済んだ後、「びゃっけ」を降ろす儀式。
舞が終わった後、祭場を閉じ勧請した神々を返す儀式がここから始まります。
鎮め
花太夫が鎮めの面を付け、数々の作法により荒らぶる神々を鎮める儀式。
花そだて
立願者に、奉納のびゃっけ・添花幣・氏神幣を渡し竈をめぐります。
宮渡り
仮宮に鎮座している御神体が本殿に帰ります。
下宮祭
八百万の神々様に「乙宮」へお帰りいただく。神帰しとも言います。
なりもの (五方位)
東・西・南・北・中央の御神様に「五穀豊穣」を祈願します。
大将軍祭
東・西・南・北・中央の大将軍を送り出す儀式。
外道祓い
八百萬の諸神、諸菩薩の去った後、祭場内残った悪魔、餓鬼、畜生を辻固まで太刀にて狩、払いし祭場内を神聖な場所にする儀式。