〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 中在家 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
中在家の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
中在家の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
滝祓い
花太夫は神社近くの滝を祓い、龍神を祀り供物を献じ、注連縄を張ります。
大弊と水神弊が使われます。
滝の水を汲んで持ち帰り、その水はお滝の水といい、神部屋に祀り、湯釜の中に入れられ、湯立ての水ともなります。
高根祭
祭場近くの小高い地点に弊を立て供物を供えます。上空よりの諸神霊を祀ります。
辻固め
竈祓いに先立ち花宿(舞台)周囲を神聖な場所と定める門締めの神事である「辻固め」が五色の御幣や供物とともに奉納されます。
この五色は陰陽五行説の五色で、この五行説の「木火土金水」が万物を生成せしめて、かつ変化する事象を表しているとされます。
神入り
神々を請じ入れる儀式。幣束や祭道具の一切を「天」へ祀り込みます。
竈祓い
「しめおろし」が終わると禰宜は「ゆわぎ」の上に「ゆだすき」をかけ舞庭に下りて竈ばらいに着手します。当日竈に火を入れる最初です。
舞 ページTOP
8:10
ばちの舞
笛の拍子で両手にばちを持って舞い、舞庭を清める神事の舞です。
ばちの舞
8:20
順の舞
ばちの舞に続く2番目の舞です。
3人で竈の前で舞い、舞庭を清めます。
順の舞
8:40
市の舞(扇の手)
青年が扇と鈴を持ち舞います。
大入系は笹を持ちます。
市の舞(扇の手)
9:00
地固めの舞(扇の手)
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞(扇の手)
9:50
地固めの舞(剣の手)
青年の2人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地固めの舞(剣の手)
10:40
花の舞(扇の手)
花の舞は早い子では3歳位から舞い始めます。
花笠の舞はまだ満足に舞えない幼児に舞の経験をさせるもので、正式の花の舞は花笠を冠るものですが、花笠の舞では手に持って舞います。
しかし組内には、現在舞子がいないため、他地区の応援を頂き、継承しております。
花の舞(扇の手)
11:50
願主の舞
竃の上に飾られる湯蓋(白蓋)の横の小型の飾りが一力花です。
湯蓋には神が宿り村を守りますが、一力花は個人的な祈願をかけて奉納されます。
一力花舞が奉納と願掛けされた個人のために舞われ、その後にはこの一力花は自宅に持ち帰って飾られます。
願主の舞
12:10
花の舞(盆の手)
花の舞は早い子では3歳位から舞い始めます。
花笠の舞はまだ満足に舞えない幼児に舞の経験をさせるもので、正式の花の舞は花笠を冠るものですが、花笠の舞では手に持って舞います。
しかし組内には、現在舞子がいないため、他地区の応援を頂き、継承しております。
花の舞(盆の手)
12:40
花の舞(湯桶の手)
花の舞は早い子では3歳位から舞い始めます。
花笠の舞はまだ満足に舞えない幼児に舞の経験をさせるもので、正式の花の舞は花笠を冠るものですが、花笠の舞では手に持って舞います。
しかし組内には、現在舞子がいないため、他地区の応援を頂き、継承しております。
花の舞(湯桶の手)
13:10
三ツ舞(扇の手)
花の舞を経験した青少年の舞。
一般的には2人、4人という偶数なのに対し舞の動きが左右対称とはなりません。
特に「入り舞」と呼ばれる振りは、竈の前で三人が交互に入り込み二人の舞子の間を8の字を描くように次々と分け入る動きを繰り返します。
三ツ舞(扇の手)
13:40
願主の舞
竃の上に飾られる湯蓋(白蓋)の横の小型の飾りが一力花です。
湯蓋には神が宿り村を守りますが、一力花は個人的な祈願をかけて奉納されます。
一力花舞が奉納と願掛けされた個人のために舞われ、その後にはこの一力花は自宅に持ち帰って飾られます。
願主の舞
14:00
山割鬼
最初に登場する鬼で、山を割り、生命の再生を図り、生まれ清まりの重要な役割を担う鬼です。
舞庭中央に据えられた竈に足を掛け、山を割る所作をします。
山割鬼
15:00
三ツ舞(野刃の手)
花の舞を経験した青少年の舞。
一般的には2人、4人という偶数なのに対し舞の動きが左右対称とはなりません。
特に「入り舞」と呼ばれる振りは、竈の前で三人が交互に入り込み二人の舞子の間を8の字を描くように次々と分け入る動きを繰り返します。
三ツ舞(野刃の手)
15:50
榊鬼
最も重要視されている鬼で、地区の人達は「榊様」と呼んでいます。
反閇を踏み、大地に新しい生命力や活力を吹き込む鬼です。
又、問答も榊鬼の特徴です。
榊鬼
18:10
願主の舞
竃の上に飾られる湯蓋(白蓋)の横の小型の飾りが一力花です。
湯蓋には神が宿り村を守りますが、一力花は個人的な祈願をかけて奉納されます。
一力花舞が奉納と願掛けされた個人のために舞われ、その後にはこの一力花は自宅に持ち帰って飾られます。
願主の舞
18:30
岩戸明け
神子・おかめ・ひょっとこなどによる仮面の舞で、五幣餅や、すりこぎ・しゃもじを手に、村人たちを祝福するために舞庭に現れます。
ご飯や味噌を塗られるとその年は縁起がよいと言われています。
岩戸明け
19:10
四ツ舞(扇の手)
「地固め」や「三つ舞」などと共通してこの舞も3種類で、扇を持ち4人で舞います。
舞の中では高度の舞となり四ツ舞が出来ると一人前と言われます。
四ツ舞(扇の手)
四ツ舞(野刃の手)
「地固め」や「三つ舞」などと共通してこの舞も3種類で、野刀を持ち4人で舞います。
舞の中では高度の舞となり四ツ舞が出来ると一人前と言われます。
四ツ舞(野刃の手)
20:40
四ツ舞(剣の手)
「地固め」や「三つ舞」などと共通してこの舞も3種類で、剣を持ち4人で舞います。
舞の中では高度の舞となり四ツ舞が出来ると一人前と言われます。
四ツ舞(剣の手)
21:40
願主の舞
竃の上に飾られる湯蓋(白蓋)の横の小型の飾りが一力花です。
湯蓋には神が宿り村を守りますが、一力花は個人的な祈願をかけて奉納されます。
一力花舞が奉納と願掛けされた個人のために舞われ、その後にはこの一力花は自宅に持ち帰って飾られます。
願主の舞
22:00
茂吉鬼
茂吉鬼は、役鬼の最後に登場し、槌を持ち天井から吊された蜂の巣を払います。
茂吉鬼
22:50
湯ばやし
最も軽快なテンポの舞で、少年4人が湯たぶさ(藁を束ねて作ったタワシ)を持ち、舞の終わり頃、舞庭を清めるように、竈の湯をところ構わず振りかけます。
この湯を浴びると病にかからないと歓迎されています。
湯ばやし
翌 0:00
獅子
竈祓いの獅子、清めの獅子とも言われ、花祭の最後の舞です。
舞庭を這うように舞い清めます。
獅子
神事 ページTOP
ひいな下し
舞が済んだ後、「びゃっけ」を降ろす儀式。
舞が終わった後、祭場を閉じ勘請した神々を返す儀式がここから始まります。
翌 0:20
宮渡り
氏神を元の宮へ返す儀式。