〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 古戸 > 花祭の特徴
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
古戸の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催期間と詳細マップ
花祭の特徴
 古戸の花祭は、振草系の中で最も古い歴史と伝統を持ち、当地から各地区への指導の記録も残されています。
 また、舞庭や神座など各所の飾り付け・衣装などに神仏混淆の形式を色濃く残している唯一の花祭であるといえます。
 神事も伝統を重視し古式に則り厳格に行っています。宮人の装束に特徴があります。
 元禄9年(1696年)の茂吉鬼はじめ、舞の衣装、鉞の箱や面の箱などには1600年代の年号があり、300年以上の歴史を見ることができます。
 毎年、舞の開始時間は午後6時に決められており、したがって他の舞の時間もほぼ一定となり、見物の人たちにも大いに喜ばれているところです。
 昔から、「舞の古戸」と呼ばれ他の地区からも称賛されていますが、まねをしようとしてもできないところに古戸の良さがあります。
 また、衣装の着付け、特に「鬼の襷」は古戸独自の結び方を受け継いでいます。他では見られない結び方です。
 平成24年1月の花祭から新築された「古戸会館」に会場を変更しました。より多くの人を受け入れられるよう見物席も舞庭も一回り広くし、駐車場も完備しました。
 最も古い歴史と伝統の「古戸花祭」へぜひお越しください。
 お見舞いのお返しには、花祭の原点である「白山神社」のお守りと軽食を差し上げます。
知っておきたい豆知識
舞庭(まいど)
舞庭(まいど)
 花宿は舞庭(まいど)と呼ばれる4間×3.5間の土間の四隅と神座前中央に柱と榊・青竹を立て、中央に竈を設え釜を据えて湯を沸かし、天井には湯蓋(ゆぶた)、四方に「ざぜち」と呼ばれる切り紙の飾りを吊るします。
 この舞庭で祓い清めの儀式から、市の舞、地堅の舞、榊鬼を初めとする面形の舞、花の舞、三ツ舞、四ツ舞、湯ばやしなどの激しい舞が夜を徹して行われます。
湯蓋(ゆぶた)
湯蓋(ゆぶた)
 舞庭の中央竈の真上に飾られる正方形の天蓋様のもので、五色の紙を使い幾種類もの「切草」で構成され、神々の宿る所とされています。
五方の柱(東西南北中央)と神道で結ばれています。
ざぜち
ざぜち
 白紙に字型、絵型を切り抜いたもので、神部屋・神座・舞庭の四方に吊るします。
 7種類の型があり、吊るす順番は決まっています。
駒型・鳥居・灯籠・禰宜巫女・社・日光月光・五大尊の順になります。