〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 下粟代 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
下粟代の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
下粟代の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
瀧祓い
瀧を祓い清め、湯立てに用いる神聖な「お瀧の水」を迎えます。(禊の意味をもちます)
高根祭り
小高い場所を祭場として区画し、上空から来る諸霊を祀る儀式。
辻固め
花宿近くの平地に幣を立て、祭場を区画し、地上の諸霊を祀り悪霊の侵入を防ぐ儀式。
神入り
神々を請じ入れる儀式。幣束や祭道具の一切を「天」へ祀り込みます。
天の祭り
舞庭の2階の「天」へ神を勧請する儀式。七十五膳の供物を供えます。
切目の王神
花祭の重要な神、「切り目の主神」を招く神事。
竈祓い
釜を祓う儀式で、この時初めて釜に火が入れられます。
しめ下し
本来は注連を張り渡す儀式と考えられます。
湯立て
花祭神事の中心的な行事、滝の水を沸かし、太夫の法力をもって、聖なる湯となります。
惣神迎い
全国一宮をはじめ、近郷近在の神仏を招く神事。
舞 ページTOP
楽の舞
太鼓のばちを採り物とします。
当日の楽、すなわち拍子を象徴する舞。
楽の舞
さる囃子
とうご囃子
四季囃子
神事から舞に移る過程の神事。
猿子囃子
21:00
市の舞(三折)
青年が扇と鈴を持ち一人で舞います。
大入系は笹を持ちます。
市の舞(三折)
地堅めの舞
青年の二人の舞で、扇・ヤチ・剣の採り物で舞庭を踏み固める意味があります。
地堅めの舞
23:00
花の舞
幼児〜小学生の舞。
盆、湯桶、扇の採り物があり、特に扇の手は神事の一部として重要視されています。
花の舞
中申し
天に宿る神仏に対し願帳を読み上げ立願する神事。
中申し
翌 2:00
山割鬼
最初に登場する鬼で、山を割り、生命の再生を図り、生まれ清まりの重要な役割を担う鬼です。
舞庭中央に据えられた竈に足を掛け、山を割る所作をします。
山割鬼
三ツ舞
少年3人の舞。
扇・ヤチ・剣の採り物で、花の舞を舞い上げた子供たちが次に取り組む舞で、内容もより高度なものとなります。
三ツ舞
翌 4:00
榊鬼
最も重要視されている鬼で、地区の人達は「榊様」と呼んでいます。
反閇を踏み、大地に新しい生命力や活力を吹き込む鬼です。
又、改め役との問答も榊鬼の特徴です。
榊鬼
おつるひゃら
神子・おかめ・ひょっとこなどによる仮面の舞で、すりこぎ・しゃもじを手に、村人たちを祝福するために舞庭に現れます。
本来の採り物は扇と鈴で。
ご飯や味噌の塗られるとその年は縁起がよいと言われています。
おつるひゃら
日の禰宜
年とった男性の面形(おもてがた)をつけ、幣束(へいそく)を持って舞います。
日の禰宜
四ツ舞
青年4人で舞い、時間も長く複雑な所作が含まれ、体力と洗練された技術が必要とされます。
採り物は、扇・ヤチ・剣であるが、扇の舞は上着を採りものとする場面から始まります。
四ツ舞
翁
翁面をかぶり、翁幣と鈴を持ち舞います。
改め役との問答があります。
生まれ在所、生い立ち、婿入りなど口上を述べる問答では、滑稽なやりとりがみられます。
観衆が合いの手を入れながら観衆、囃し方などへお礼の口上を述べたのち、舞を披露します。
翁
翌 11:00
湯ばやし
最も軽快なテンポの舞で、少年4人が藁を束ねて作ったタワシを持ち、舞の終わり頃、舞庭を清めるように、釜の湯をところ構わず振りかけます。
生まれ清まった人々の産湯ともいわれ、湯を浴びると病にかからないと歓迎されています。
湯ばやし
茂吉鬼
最後の鬼で、湯蓋につるされた蜂の巣(お宝)を槌で払い落とす所作があり、縁起物として観衆はこれを奪い合います。
蜂の巣の中身は、祓い銭と五色紙の細片です。
茂吉鬼
翌 13:00
獅子
竈祓いの獅子、清めの獅子とも言われ、花祭の最後の舞です。
舞庭を這うように舞い清めます。
おかめの面を付けた先導役にのしかかったあと、舞庭・神座を回って終わります。
獅子
神事 ページTOP
ひいなおろし
舞が済んだ後、「湯蓋」を降ろす儀式。
舞が終わった後、祭場を閉じ勘請した神々を返す儀式がここから始まります。
たながえし
太鼓の上にのせた戸板の上にすべての供物をのせ、一斉に放り出します。
外道狩り
祭場の注連縄に宿った神仏を離し、縄を切る神事。
宮送り
氏神を元の宮へ返す儀式。式にあたる者は、一本箸で粥をすすります。
荒神休め
家屋敷の重要神である、荒神を祀る神事。
鎮め
花太夫が鎮めの面を付け、数々の作法により荒らぶる神々を鎮める儀式。