〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 坂宇場 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
坂宇場の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
坂宇場の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
湯立て
釜の正面に菰を敷き、花太夫が祭文を唱え、火水を清めると共に、地域内の大小の神々一切を観請し、火伏せ・湯伏せの作法を行うと共に諸神の加護を願います。
終了後、湯立ての笹の湯たぶさを持っておろしの舞いを行います。
楽の舞
「ばちの舞」ともいい、全ての舞のはじめに行われ、釜の前に菰(まこも)を敷き、太鼓のばちを持った舞手が一人で舞います。
しずめの舞
八幡神社の拝殿で行われる唯一の舞。
太夫二人が務め、火王・水王の二面を被り、火王は太刀を、水王は柄杓を持ちます。
九字護身法を行い、印を結び反べいを踏み、呪文を唱え五方を舞います。最も重要な神事とされています。
舞 ページTOP
地固めの舞
二人ずつの舞手が、鈴とともに、扇、ヤチ、剣を持ち、三種の舞を釜の周りを巡り舞います。
地固めの舞
花の舞
三人ずつの子供が花笠をかぶり舞います。
手には、鈴とともに扇、盆、湯桶を持ち三種の舞を釜の周りを舞います。
花の舞
一の舞
一人の舞手が、鈴、扇、榊の枝を持って舞い、最後に周囲の人にお祓いを行います。
一の舞
山見鬼
最初に登場する鬼で、数人の伴鬼を伴い舞を披露します。
山見鬼
三つ舞
三人ずつの舞手が、鈴とともに、扇、ヤチ、剣を持ち、釜の周りを巡り舞います。
三つ舞
榊鬼
最も重要な鬼とされています。
人と問答をした後、反べい、釜割り、松明割り等を行い里人に祝福をもたらします。
榊鬼
禰宜  巫女  翁
五色の幣を持った「火の禰宜」、美しい女性の姿をした「巫女」、ひいなを手にした「翁」などが現れ、舞と問答を行います。
禰宜・巫女・翁
四つ舞
四人ずつの舞手が、鈴とともに、扇、ヤチ、剣を持ち、釜の周りを巡り舞います。
四つ舞
湯ばやし
四人の舞手が両手に藁で作った「湯たぶさ」を持ち舞い、最後に周囲に釜のお湯を撒き散らします。
湯ばやし
朝鬼
夜明けに登場する最後の鬼で、びゃっけを鉞で落とす所作をします。
朝鬼
獅子
獅子が笹をくわえ釜の湯で清めたり、「しらみふくい」等を行い舞い納め、坂宇場の花祭は終わります。
獅子