〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 下黒川 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
下黒川の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
下黒川の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
神渡り
氏神を舞庭にお迎えする儀式。
〆下し
本来はしめ縄を張り渡す儀式と考えられます。
釜祓いと同時進行で行われるところもあります。
島祭り
五方へ向かって形幣一、五大尊幣一となっています。
この梵天から神道が出て、びゃっけ、湯蓋へとつながっています。
神迎え
舞庭より神座まで二列に向かい合って座り、それぞれの前の皿にお神酒を注ぎ、榊の葉でお神酒をかき回し「御す御料」を唱え八百万の神々を神座へお招きをし、「御す御料」を唱えた後、皿のお神酒を飲みます。
楽の舞
全ての舞の始めに行われ、釜の前に菰(こも)を敷き、太鼓のばちを持った舞手が笛の拍子のみで一人で舞ます。
とうごばやし
この太鼓で、花祭りが始まります。
式さんば
白衣を着、鈴と扇を持ち三人の舞手が一人一人、みやならし、二拍子で舞います。
舞 ページTOP
地固めの舞(扇)
2人の舞手が、鈴と扇を持ち釜の周りを舞います。
地固めの舞(扇)
地固めの舞(ヤチ)
2人の舞手が、鈴とヤチを持ち釜の周りを舞います。
地固めの舞(ヤチ)
地固めの舞(剣)
2人の舞手が、鈴と剣を持ち釜の周りを舞います。
地固めの舞(剣)
10:00
一の舞
1人の舞手が、鈴、扇、榊の枝を持って舞い、最後に周囲の人々をお祓いを行います。
同じ舞を三人行います。
一の舞
花の舞(扇)
3人の舞子が花笠をかぶり、鈴と扇を持って舞います。
花の舞(扇)
花の舞(盆)
3人の舞子が花笠をかぶり、鈴と盆を持って舞います。
花の舞(盆)
12:00
花の舞(湯桶)
3人の舞子が花笠をかぶり、鈴と湯桶を持って舞います。
花の舞(湯桶)
花の舞(舞上げ)
「清まり」の結願舞であり、舞子が花笠をかぶり、鈴と扇を持って舞います。
花の舞(舞上げ)
13:00
山見鬼
最初に登場する鬼で、伴鬼を随え舞います。
生まれ清まりの儀式として釜割り(白山割り)を行います。
山見鬼
三ツ舞(扇)
3人の舞手が衣装の上に白衣を着、鈴と扇を持ち釜の周りを舞います。
三ツ舞(扇)
三ツ舞(ヤチ)
3人の舞手が、鈴とヤチを持ち釜の周りを舞います。
扇とは違いヤチを持ちかえたり様々な舞い方を行う青年の舞であり、舞手は、舞の前に松明を持ち山見鬼の世話をします。
三ツ舞(ヤチ)
三ツ舞(剣)
3人の舞手が、鈴と剣を持ち釜の周りを舞います。
扇とは違い剣を持ちかえたり様々な舞い方を行う青年の舞であり、舞手は舞が終わった後、松明を持ち榊鬼の世話をし、松割り(たいわり)を行います。
三ツ舞(剣)
榊鬼
登場する鬼の中で、最も重要な鬼とされており人との問答をした後、反閇(へんべい)を行い悪霊を封じ込め三ツ舞(剣)の舞手と松割り(たいわり)を行います。
榊鬼
禰宜  巫女  翁
すりこぎ
五色の幣を持った「火の祢宜」「翁」は、人との問答や生まれてからの生い立ちをおもしろおかしく言います。
美しい女性の姿をした「巫」は、多くの舞の中に唯一女性が登場します。
すりこぎは、擂子木・しゃもじに味噌を付け、観客衆に味噌を塗りつけ舞庭を賑やかにします。
禰宜・巫女・翁・すりこぎ
湯立て
数人が袴・白衣を着、お滝の水を釜へ注ぎ釜の前の本座で、笹の葉の「湯たぶさ」を持ち、「こぎひろい」「湯立て」「湯ぶせ」「御す御料」を唱え、最後に「上げ湯召せ・・・・」を唱えた後、四人が笹の葉を持ち釜の前で太鼓の拍子のみで、二拍子で舞います。
湯立て
湯ばやし
湯立てに続く舞いで、4人の舞手が両手に藁で作った「湯たぶさ」を持ち、衣装は他の舞と違い盛りの若者が舞い、釜の周りで舞った後、釜の湯を舞庭や観客衆に撒き散らす勇壮な舞いで、この湯を浴びると一年間無病息災で、健康でいられるといわれています。
湯ばやし
四ツ舞(扇)
4人の舞手が白衣を持って舞った後、白衣を着、鈴と扇を持って釜の周りを舞います。
この4人の舞手は津島神社からご神体を舞庭へお招きする神輿を担ぐ役を与えられています。
四ツ舞(扇)
四ツ舞(ヤチ)
4人の舞手が、鈴とヤチを持ち釜の周りを舞います。
扇とは違いヤチを持ちかえたり様々な舞い方を行います。
四ツ舞(ヤチ)
四ツ舞(剣)
4人の舞手が、鈴と剣を持ち釜の周りを舞います。
扇とは違い剣を持ちかえたり様々な舞い方を行います。
四ツ舞(剣)
朝鬼
夜明けに登場する最後の鬼であり、舞の最後にびゃっけの中の蜂の巣を鉞りで落とす所作を行います。
舞庭が無く、花宿(民家の土間)で行われている時代は、花宿の家主が舞っていました。
朝鬼
獅子
獅子頭を持ち、大人2人が入って舞います。
釜の前で「白衣」「ゆたぶさ」を銜えて五方を舞い、しらみふくいをします。
獅子の先導は「おんべ」が鈴と白幣を持って行います。
獅子
順の舞
無病息災、家内安全を祈願し五色の「宝」を持って四人で釜の前で舞います。
「添花」ともいわれ舞いの合間に舞われます。
順の舞
神事 ページTOP
花育て
五尺の竹を使用し、花と蕾を作り「ひいな」等で飾り、釜の前で地面を突き五方にうたぐらを唱え、最後に一対の竹を持って舞います。
多くの神事や舞の中でも仏式の要素が見受けられます。
しめおろし
しめ縄、びゃっけ、湯蓋等、舞庭の飾り物を歌ぐらでおろして、花祭を終ります。
龍王の舞
舞一切が終わり改めて神座にしめおろし、島祭りをした後この行事を行います。
「ひのう」「みづのう」の二面があり、ひのうが剣、みづのうは柄杓を持ちます。
ひのう、みづのう相対して、「へんべい」印などの作法を行い、外道祓を行います。
神返し
白紙を手に持ち、「だいじょうぼんのかへり遊びの引出物に、さい紙なりとも差し上げて参らせう」と紙を引きさき投げて、五方へ繰り返します。