〜神に捧げる 神と舞う〜奥三河の花祭
HOME > 津具 > 次第の解説
小林 御園 東薗目 月 足込 河内 中設楽 中在家 古戸 下粟代 布川 坂宇場 下黒川 上黒川 津具
360°Pnorama View 榊鬼のバーチャル写真館
津具の花祭
花祭の特徴 360°パノラマビュー 次第の解説 榊鬼のバーチャル写真館 開催情報とマップ
津具の次第 ※ 当日、次第の順序・時間が変わることがあります。
神事
14:00
ばちの舞
宮人(みょうど)の長老が太鼓のばちを持ち、笛の音に合わせて1人で舞います。
式さんば
ばちの舞で持っていたばちを打ち手に渡し、太鼓と笛に合わせて宮人が扇と鈴を持って舞います。
火の禰宜
五色の「ひいな」を持って舞う、面形の舞
舞 ページTOP
14:30
地固めの舞 (扇・八刀・剣)
扇・八刀・剣を持ち2人で舞います。
剣の舞は氏神である白鳥神社の神前にて舞います。
地固めの舞(扇・八刀・剣)
15:00
御神楽
宮人(みょうど)4人が扇と鈴を持って舞います。
願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納されます。
御神楽
16:00
花の舞(花笠の舞)
子供の愛らしく舞う花笠の舞をはじめ、盆の舞、ぼんでん(御幣)の舞と続きます。
3人で舞います。
花の舞(花笠の舞)
花の舞(盆の舞)
子供の愛らしく舞う花笠の舞をはじめ、盆の舞、ぼんでん(御幣)の舞と続きます。
3人で舞います。
花の舞(盆の舞)
花の舞(ぼんでんの舞)
子供の愛らしく舞う花笠の舞をはじめ、盆の舞、ぼんでん(御幣)の舞と続きます。
3人で舞います。
花の舞(ぼんでんの舞)
18:00
市の舞
3つ舞の舞い手が扇と鈴を持ち、1人ずつ舞います。
市の舞
19:00
三ツ舞(扇の舞)
扇の舞を3人で舞います。
三ツ舞(扇の舞)
21:00
山見鬼
かつては釜に足をかけ鉞で割る所差であったが、現在は供鬼(白鬼)との入れ違いに舞が変化しています。
白山を割って生命の再生を図り、生まれ清まりの役割を持つ役鬼。
やせ鬼(子鬼)もあわて登場します。
山見鬼
三ツ舞(八刀の舞)
八刀の舞を3人で舞います。
三ツ舞(八刀の舞)
榊鬼
反閇(へんべ)を踏んで大地に新しい生命力を吹き込み、豊穣をもたらす役鬼。
願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納されます。
榊鬼
三ツ舞(剣の舞)
剣の舞を3人で舞います。
三ツ舞(剣の舞)
23:00
湯囃し
軽快なテンポで湯たぶさ(藁のタワシ)を持って舞い、釜の湯をあたり構わず撒き散らします。
この湯を浴びると病にかからないといわれています。
湯囃し
翌 0:00
四ツ舞(扇の舞)
扇の舞、八刀の舞、剣の舞を4人で舞います。
特に扇の舞は、最初に「しらみふくい」といいます。
白衣を頭上高く振り上げて舞を延々1時間以上舞い続けます。
四ツ舞(扇の舞)
四ツ舞(八刀の舞)
扇の舞、八刀の舞、剣の舞を四人で舞います。
白衣を頭上高く振り上げて舞を延々1時間以上舞い続けます。
四ツ舞(八刀の舞)
四ツ舞(剣の舞)
扇の舞、八刀の舞、剣の舞を四人で舞います。
白衣を頭上高く振り上げて舞を延々1時間以上舞い続けます。
四ツ舞(剣の舞)
山見鬼
かつては釜に足をかけ鉞で割る所作でしたが、現在は供鬼(白鬼)との入れ違いに舞が変化しています。
白山を割って生命の再生を図り、生まれ清まりの役割を持つ役鬼。
やせ鬼(子鬼)もあわせて登場します。
山見鬼
翌 2:00
翁の舞
老人の面の舞。
かつては滑稽な問答が伝えられていました。
翁の舞
翌 3:00
榊鬼
反閇(へんべ)を踏んで大地に新しい生命力を吹き込み、豊穣をもたらす役鬼。
願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納されます。
榊鬼
擂りこぎの舞
味噌をつけた摺りこぎ、飯粒をつけた杓子、女郎の3人が登場し、観客に味噌や飯を塗りつけてまわります。
願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納されます。
擂りこぎの舞
翌 5:00
おかめの舞
妊婦の所作で滑稽に舞います。
おかめの舞
御神楽
宮人(みょうど)4人が扇と鈴を持って舞います。
願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納されます。
御神楽
翌 6:00
朝鬼
役鬼を除く鬼たちが一同になって舞います。
かつて夜明け頃に登場することが多かったことから朝鬼と呼ばれています。
朝鬼
茂吉鬼
鎚を持って舞い、湯釜にぶら下げられた「蜂の巣」を払い落とします。
蜂の巣の中の五色紙は縁起物として観客が争って拾います。(朝の役鬼)
茂吉
翌 7:00
獅子
湯たぶさをくわえて舞庭を舞い清めます。
獅子
神事 ページTOP
鎮め
花祭で最も重要な役とされ、天狗面がゆっくりとしたテンポで舞います。
これによって神々は心を鎮め、それぞれの御座に帰ってゆきます。